輪郭形成をするにはどこでするかが大切に

それぞれが持っている悩みの部分に合った施術が大切

輪郭形成 | 顔の輪郭形成|一般社団法人 日本頭蓋顎顔面外科学会

美しく整った輪郭にする方法それぞれが持っている悩みの部分に合った施術が大切シミュレーションできることが安心

顔が大きいと思っている時その原因には、頬の下ぶくれや二重あごやエラ周りの筋肉が発達している場合、フェイスラインの皮膚がたるんで下がってきていたりエラ・あご・頬の骨などが張っていることなどがあるのです。
脂肪が多い場合には直接脂肪を取り除き、筋肉や骨格によりエラが張っているときにはエラ骨切りや削りとなります。
頬骨やあごの先の骨が張っている場合も骨削りとなるのですが、頬がくぼんでいることで頬骨やあごがゴツゴツした感じで身だっている場合には顔を直接小さくするのではなく、くぼんでいる部分に脂肪注入をしたりヒアルロン酸注入で柔らかな印象を与える顔立ちにしたりするのです。
顔が大きいと悩んでいる人や、特別に顔が大きいというわけでもない人も最近は小顔になるような輪郭形成を望む人が増えています。
確かに顔の面積が小さいと目鼻立ちがはっきりとして、全身のバランスも良くスタイルも美しく見えるようになるのです。
顔の輪郭を変えるには、それぞれが持っている悩みの部分に合った施術が大切になります。
理想的と言われている横顔と言われる鼻の頭と唇からあごを結ぶ線が直線でつながるようなEラインを目指す時に、最も適しているのはシリコンプロテーゼで半永久的な効果を得ることができるのです。
あごを前に出すようにすると若い人は可愛らしさの中に知性的な印象に、中年以上の方は顔のに締まりが出て横顔のバランスが美しくなり顔が整って見えるようになります。
日本人は骨格のあごが引っ込んでいることが多いのですが、Eラインを出し引き締まったフェイスラインとするためにメスを使わず痛みのほとんどなく腫れもすくないヒアルロン酸を注入する方法もあるのです。
顔の大きさは骨格による場合が大きいと云われていますが、確立が高く顔の大きさに影響を与えているのは脂肪注入の量になります。
落ちにくいといわれる顔の脂肪を取り除く事ができるのが脂肪溶解注射で、注射だけで済むことから手軽でリバウンドの心配もないものです。
よく知られている方法で脂肪吸引があり、脂肪がたっぷりついた下ぶくれや二重あごは痩せにくい部分なのでダイエット効果もあらわれにくくなります。
そのような時に行われるのが脂肪吸引になり耳たぶの裏の付け根や、鼻の内側などから気になる頬やあごの余分な脂肪を吸引するのです。
脂肪吸引後の皮膚を定着させながら徐々に引き締めていくようになるので、肌がたるむという心配もありません。

輪郭形成(特にエラ削り)の術後に「たるんだ皮膚を糸で引き上げられますか?」と質問を受けるが答えはNoだ。
何度もツイートしているが、余った皮膚はどこにもいかない。
切るしかない。
しかし輪郭は若い人に多くフェイスリフトまではしなくていい。
SMAS法によるミニリフトで十分なこと多い。

— 形成外科医のつぶやき (@hillsclinic) 2017年11月5日